最近は、銀行カードローンでも即日融資が可能なものがあります。銀行カードローンは金利も低く限度額も高いので人気ですね。更に即日融資ができればお急ぎの場合も安心です。

ここでは、そんな即日融資が可能な銀行カードローンを整理してみました。即日融資には銀行によって条件が付く場合があるのでよく確認してから申し込みましょう。


auユーザー限定!!最大金利0.5%優遇!
  • 金利1.7%〜17.4%(auユーザー限定) 業界最低水準
  • 融資限度額800万円
  • 最短即日で融資可能!
  • 銀行口座開設は不要
  • ATM手数料0円(無制限)!
  • 300万円迄は収入証明書原則不要
  • 返済額1,000円から
  • 専業主婦も借りれます
生まれ変わった静銀カードローン!即日融資可能!全国対応!
  • 銀行カードローンなのに最短即日融資可能(※1)!
  • 最短30分審査(※1)
  • 最大45日間利息キャッシュバック
  • 来店不要!インターネットで全て完結
  • 金利 4.0%~14.5% 融資限度額 最高500万円
  • 月々の返済2,000円から
  • 主婦(夫)、アルバイト、契約社員でも申込みOK!収入や勤続年数に関係なく申込み可能
  • セブンイレブンのATMなら手数料0円!
※1 営業時間外や申込状況によって翌営業日以降になります。
Tポイントが貯まるカードローン!最短30分で契約完了!即日融資可!
  • 返済金額の1%がTポイントとして貯まる!
  • 既に持っているTカードにポイントを貯めることも可能!
  • 全国対応!来店不要で最短即日融資も可能(※1)
  • 全国の提携コンビニATMが使える他専用アプリで振込融資可!
  • 大きな融資枠 800万円と低い金利 3.9%~14.9% が魅力!
  • 500万円以下なら収入証明書が原則不要(※2)
  • 月々3,000円からの返済(※3)
  • おまとめ・借り換えの利用OK
※1 平日12時までに契約手続を完了し当日融資の手続きをした場合。
※2 500万以下でも審査によって収入証明書を求められることもあります。
※3 借入残高 10万円以下の場合。

楽天銀行スーパーローン

300万円まで収入証明書原則不要!
  • 大きな融資枠 800万円と低い金利 1.9%~14.5% が魅力!
  • おまとめ・借り換えとしても利用可能
  • 300万円以下なら収入証明書が原則不要(※1)
  • 申込+利用で楽天スーパーポイント31,000ポイント貰える
  • 最短即日融資も可能(※2)
  • 月々3,000円からの返済(※3)
  • 全国のコンビニATMが利用可
  • 口座開設不要

※1 300万以下でも審査によって収入証明書を求められることもあります。
※2 受付時間・審査状況により、当日の融資ができない場合もあります。
※3 借入残高 10万円以下の場合。

本当に急ぎの場合は消費者金融で

本当に急ぎでお金を借りたいという場合は、銀行カードローンより消費者金融です。上記の通り銀行カードローンも即日融資が可能になってきましたが、審査も消費者金融より厳しいところもありますので申し込んでいざ審査が通らなかったという場合も考えるとはじめから消費者金融に申し込んだ方が確実です。
200*200
最短1時間融資も可能!「瞬フリ」で24時間振込融資!
  • 最短1時間融資も可能!振込み融資可能(※1)
  • 「瞬フリ」なら24時間振込融資(※3)!
  • WEB申込後に自動契約機に行けば自宅に郵送物が届かない
  • カード発行無しも対応可能
  • 30日間無利息サービス(※2)
  • 3秒診断で借り入れ可能かスグに分かる
  • 女性専用窓口は プロミスレディース
  • 実質年率 4.5%~17.8%、限度額最高 500万円
※1 平日の14時までにWEB契約完了が必要。又はWEB申込後に自動契約機に行けば14時以降や土日祝日でもすぐ借りられる。
※2 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
※3 三井住友銀行かジャパンネット銀行口座をお持ちで22時までに契約完了すれば
電話連絡、郵送物なしで家族にバレません!10秒簡易審査!
  • WEB完結申込なら電話連絡、郵送物、ローンカード発行なし!(※1)家族にもバレません!
  • 10秒簡易審査 ~ 簡単な入力で融資可能かすぐに分かる!
  • 消費者金融の中では金利が低い 年利 3.0~18.0%!
  • 消費者金融の中では限度額が高い 最大800万円!
  • 当日融資も可能(※2)
  • 電子領収書サービスでプライバシーも安心。領収書や利用明細書をネットでダウンロードすることもできる。
  • パート・アルバイト・主婦でも安定した収入があれば借り入れ可能
※1 WEB完結申込の利用には三井住友銀行又は三菱東京UFJ銀行に自分名義の普通預金口座を持っていて且つ社会保険証(又は組合保険証)を持っていることが条件です。また、審査で確認が必要と判断した場合は電話連絡があります。
※2 当日振込には、14:50までの振込手続完了が必要です。ただし、審査結果によっては希望に沿えないこともあります。
融資まで最短1時間!30日間金利ゼロ!クレジットカード一体型!
  • 最短1時間融資が可能!(※1)
  • 30日間金利ゼロ円サービスで今だけ借りたい人にも評判!
  • クレジットカード一体型も発行可!借りずに直接ショッピングできる!
  • 楽天銀行口座を持っていれば、24時間振込融資が可能!(※3)
  • パート、アルバイトもOK(※2)
  • 実質年率 3.0% ~ 18.0% は比較的低金利!
  • 限度額は最高 800万円!
※1 審査完了後、運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)を平日14:00までにFAX送信(FAXでご契約の場合も必要書類を平日14:00までにFAX送信)し、アコムがそれを確認した場合。また、お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。
※2 一定の収入があれば審査のうえ融資可能。
※3 アコム又は楽天銀行のメンテナンス時間を除く。

アイフル

はじめての方最大30日間利息0円!1秒診断!30分審査!即日融資!
  • はじめての方は最大30日間利息0円!
  • 最短30分で審査結果を回答
  • 即日融資が可能(※1)
  • パート・アルバイトの方も申込可能(審査あり)。
  • 実質年率 4.5% ~ 18.0%
  • 融資限度額 最大 500万円

※1 申込の時間帯によっては翌日以降になることもあります。

スルガ銀行グループ ダイレクトワン

月々4,000円からの返済
  • 月々4,000円からの楽々返済(融資額10万円迄の場合)
  • 年齢、年収、他社借入状況を入力するだけで借入可能かクイック診断できます。
  • 金利 4.9%~20.0% 融資限度額 最高300万円
  • 全国のコンビニATMが使えます。

ご融資どっとこむ

フリーローンからビジネスローンまで多様!
  • 最大融資額 500万円
  • 主婦の方向けの融資も柔軟に対応
  • 実質年率 15.0% ~ 20.0%
  • 借り換え・おまとめローンなら7.3%〜15.0%
  • 日本全国、振込融資が可能

SGファイナンス

全国振込対応!フリーローンからビジネスローンまで
  • 主婦の方向けの融資も柔軟に対応
  • 実質年率 9.85% ~ 18.0%
  • 最大融資額 50万円
  • 日本全国、振込融資が可能
  • 借り換え・おまとめローンなら9.85%〜12.65% 最大500万円

キャッシングエニー

きめ細かなサービスがモットー
  • 最大融資額 300万円
  • 実質年率 5.0% ~ 20.0%
  • 主婦の方向けの融資も柔軟に対応
  • 日本全国、振込融資が可能
  • 貸金業法に基づくおまとめローンにも対応


即日融資の条件

銀行カードローンで即日融資ができるものの中には、
・既に預金口座を持っていること
・ネットバンキングの契約があること
等の条件が付くことが多々あります。

それなら、預金口座やネットバンキングもその日のうちに作ればいいじゃないかと思うかもしれませんが、預金口座のキャッシュカードは1〜2週間程度、ネットバンキングも同じくらいの日数がかかります。

ただ、このような条件がなくて全く新規の申込みでも最短即日融資が可能な銀行カードローンもありますので、お急ぎの場合はそういうカードローンに申し込むのがいいと思います。銀行カードローンは金利も消費者金融より低いので、まずは銀行カードローンに申し込んでみるのがいいと思います。

銀行カードローンに向いている人

銀行カードローンの特徴は金利が低いという点と融資限度額が高い、そして消費者金融のような総量規制がなく年収の1/3以下という規制がありません。ただ審査が少し厳しいかもしれません。

審査で一番重要な点は、「収入が安定しているか」という点です。収入は高ければいいということではありません。収入は少なくても毎月同じお給料をもらえていることが重要です。また、勤続年数も長いほど審査には有利です。

視点は違いますが、専業主婦がお金を借りる場合は消費者金融より銀行カードローンです。消費者金融は貸金業法によって無職の主婦には絶対に貸し出しが出来ませんが、専業主婦OKとしている銀行カードローンはあります。ただ、貸せる金額に制限があったり、配偶者に安定した収入があることといった条件が付くことがあります。

銀行カードローンに向かない人

一般的に離職率が高い職業についている人は少し不利だと言われています。例えば不動産の営業やトラック運転手、とび職等。銀行は職業毎に離職率や金融事故等の統計データを持っていますから、職業によっては将来離職して返済が滞る確率があらかじめ分かっています。もちろん個々人によって違いはありますあら、申し込んでみないと結果は分かりませんが、職種だけ見て融資を断る銀行も中にはあるので注意しましょう。

時期によって審査通過率も変わってくる

決算時期や上の指示によって審査通過率は変わることがあります。決算や中間決算の時期に契約率を上げたいと考えた場合、審査が甘くなることがあるそうです。また、銀行上層部の思惑で、「もっとカードローンの契約を取れ」などと指示が出た場合も審査を甘くしてでも数を取りに来ることは考えられます。ただ、誰でもOKというほど審査が甘くなったりはしないので期待しすぎは禁物です。

こんな人は審査に絶対通らない

例えば無職の人。「無職の人=収入ゼロ」ということなので、お金を貸しても帰ってくることはありません。だから、無職の人に絶対に融資はしてくれません。

また、過去に金融事故を起こした人も審査には通りません。金融事故とは延滞が3ヶ月以上続いた人や自己破産した人等です。つまりは返せなくなった経験のある人ということになります。金融事故は個人信用情報に何年かは掲載されますから、それが消えるまでは他の銀行や消費者金融でも審査には通りません。

あとは多重債務者です。カードローンを申し込んだ時点で他社に複数の借金のある人、多額の借金のある人は審査に通らないことがあります。

他に、これは希なケースですが、ある程度年齢がいっているのに個人信用情報に全く情報が無い人も審査に通らない可能性があります。今どき、誰でもクレジットカードの1枚も持っていると思いますが、例えば30歳でも借金はもとよりクレジットカードを契約した記録すら個人信用情報に無いという人がいます。個人信用情報が空白なことから俗に「スーパーホワイト」と言われます。スーパーホワイトな人は何の金融事故も起こしていませんが、逆にクレジットや借金をしてそれを返済したという「実績」が無いため、それが貸す側としてはリスクと考えられてしまうのです。

ページの先頭へ