カードローンに申し込むまでには、どこに申し込もうと一連の流れが必要になってきます。まずは、事前調査から始まり、簡単な審査を行います。その上で、本審査に移ります。その際は、年収や勤続年数。家族構成や住宅情報などが必要になります。金額によっては、収入証明書も必要になってくる為、確認が必要です。その際、必ず行われるのが、情報機関による審査に加え、会社への在籍確認です。本当に審査の申し込み者が申告している会社で働いているかを確認するもので、一般的に電話での確認になります。その際、担当者の個人名を名乗り「○○さんはいらっしゃいますか?」と言ったものになります。それ以上、何かを話す事はない為、基本、これが理由で会社にカードローンの利用が知られてしまう可能性は低くなっていますが、怪しまれないよう最善の注意は必要です。

そして、無事に在籍確認、信用情報がクリアされれば、カードローンの契約になり、利用が可能になってきます。

一般的には、ネットで審査の申し込みを行い、その際、必要だと明記される書類を準備し、在籍確認の電話さえうまくいけば利用は可能です。ただし、今まで滞納や延滞などの事故情報。また、既に数多くの利用がある場合は、審査をクリアする事は難しくなっています。