キャッシングリボとは、毎月の返済額がキャッシングの利用残高に対してほぼ一定額になるような支払い方法です。一度借り入れたあとにさらに重ねて借り入れた場合でも、自分で毎月のリボ払いの金額を決めておけば、一般的には月々の返済額が変動するということはありません。

キャッシングリボの最大のメリットは、毎月の返済額が一定になることで、お金のやりくりがしやすくなることと言えます。例えば5万円借り入れた場合、リボ一回払いを選択すると次の月には元金5万円プラス利息を一気に返済しなければなりません。1か月で5万円の支出はなかなか苦しいと思われる人も多いのではないでしょうか。一方でキャッシングリボで毎月の支払金額を1万円で設定した場合は、毎月約1万円ずつの返済になるので、毎月の家計への負担を減らすことが出来ます。

ただしキャッシングリボにはデメリットもあります。リボ払いにすることで返済期間が長くなりがちになります。返済期間が長引くということはそれだけ利息がかかるので、返済にかかる総支払額は1回払いよりも高くなるのです。

キャッシングを利用する場合には1回払いやリボ払いを上手く使い分けて計画的に返済するようにしましょう。